お通じは健康状態のバロメータ

お腹が重い、
お腹が張って苦しい、
お腹がごろごろする、
頭痛がある、
不快な胸の痛みがある、
いつも疲れている、
理由不明な不眠症で悩んでいる
などの症状がありませんか?

もしこのような症状があれば、消化がみだれているサインです。
消化と排便は深く絡み合っています。
消化がきちんと機能していれば、健康的な排便が行われます。

アーユルヴェーダでは排便は健康状態の指標になっています。

特に、睡眠の質が向上し、ストレスも軽減します。

消化が健全かどうかは

  • 1日に1、2度の排便
  • 毎日だいたい同じ時間に排便したくなる、理想は午前7時頃
  • 便の形状は、柔らかく、形状がよく、長い(※大きなバナナ1本分のサイズ)
  • 便の色は黄色がかった茶色
  • 便がトイレに浮く
  • 毎日一貫した量の便がでる
  • 力まずに出る
  • 排泄した後、すっきり感がある

で判定できます。

便の状態がよくない時は、日々の食事を見直してみましょう。

(終)