夏バテの原因は、その食習慣かも?

こうも毎日暑いと、ついつい冷たい食べ物や飲み物ばかりになってしまいますよね。

ですが、過剰に冷たいものを消費すると消化管が収縮し、
消化能力以上に消化にエネルギーを使うことになるため、疲れやすくなります。

夏こそ調理された温かいものや常温の飲み物を取りましょう‼︎

温かいものは消化器官を開き流れをよくするので、スムーズに吸収されます。
その結果、排泄もスムーズになります。

アーユルヴェーダでは、スロータと呼ばれるチャネルまたはパイプのようなもので体が構築されているとしており、
スロータは栄養素の輸送と循環、および排泄を担当しています。

スロータは開いたままにする必要があり、
健康状態をベストに保つためには詰まりを解消する必要があります。

調理は外部消化と言われ、調理をすることで食べ物を柔らかくし噛みやすく消化しやすくなるため、消化に過剰なエネルギーが使われなくてすみます。

適量のオイルを使うと、消化吸収および排泄がさらにスムーズになります。
量は小さじ1杯がベターですが、季節や体調により変えても構いません。
オイルの種類も季節で変えても構いませんが、ギーはいつもでも安心して使うことができます。

旅行、仕事で帰りが遅いなど時間的制約があり調理ができない時も、
冷たいものより温かいものを選んで食べるだけでも、消化と健康に大きな違いが生じます。

コンビニで買い物する時に、冷たい飲み物でなく常温のお水を買う、
外食の時も、生野菜のサラダはやめて煮物などにしてみる
など、できるところからトライしてみてくださいね!

(終)